甘いものを食べる時、ちょっと罪悪感が伴うことってありませんか?

クリスマスに忘年会や正月と太りやすいこの時期、無理やりダイエットをしている人も多いのではないでしょうか?

エキナカで見かけるオシャレなスイーツやコンビニで新商品から目を背けて糖質制限をしていてもイライラするだけです。

でも市販のお菓子はどれもカロリーが高く、箱菓子1個でも250kcalくらい、メロンパンは500kcalくらいあります。それだけでなく、

クリスマスに彼氏と食べたショートケーキ→800kcal以上(5号のショートケーキ1/4として)

自分へのご褒美彼氏・彼女が居なくて1人でヤケ食いしたショートケーキ→何と2000kcal以上(4号1台として)!!

 

これじゃダイエットどころか正月太りまっしぐらですよね…

甘いものを食べながらダイエットなんて無理?

でもやっぱり甘いものも食べたいし、当然ダイエットもしたいですよね。

実は今、あるスイーツブランドが注目を浴びているんです。そのブランド名は★コンフェクション★

このブランドは、スイーツ大好きな女性が集まり、自分たちや自分の大切な人に食べさせたい「低カロリーの上にグルテンフリーで、しかもお洒落な」スイーツをコンセプトに、スイーツの開発に取り組んでるんです。

具体的にどんなスイーツなの?

qonfectionがこのコンセプトを実現するための取り組みは5つです。

1、グルテンフリー

グルテンは、アレルギーを引き起こす可能性や中毒性があると指摘されており、最近「グルテンフリー」という言葉を聞くようになりました。

qonfectionはいち早く全てのスイーツをグルテンフリーにしたとのことで、安全に対する積極的な姿勢に好感が持てますね。

2、低カロリー

当然ですが、低カロリーでないと今まで紹介してきた意味がありません(泣)

qonfectionは、同じサイズのスイーツと比べ65~80%もカロリーが低いんです!

ちなみに、いくら低カロリーと言っても、その分食べてしまったら意味がないですね…


3、低糖質

今どきスイーツの基本要素ですね!健康・美容から注目されている低糖質食品なので、脂肪を合成する働きがあるインスリンの分泌を抑えることができるとか。血糖値の急激な上昇も抑えてくれるのも嬉しいですね。

4、「国産」「有機」「新しい素材」を慎重にセレクト

安全・安心にこだわり、素材には「国産で有機栽培された素材」を選んでいるそうです。

カロリーも気になりますけど、農薬たっぷりで海外産の素材を使ってたら意味がないですよね。

ちなみに、クリームなどの色づけには果物や野菜のパウダーを使っているそうで、開発は悪戦苦闘が続いているそうです。

5、「着色料」「酸化防止剤」「増粘剤」などの不使用

「口に入れるものである限り、少しでもマイナスの要素が考えられるものは控える」というスタンスで、健康への作用が懸念される材料は極力排除しているそうです。

これだけこだわった上で「しっかり甘くて、しっとりふわふわ」なスイーツで仕上げているんです。

でも高いんでしょ?

これだけ材料や製法にもこだわっているqonfectionのスイーツ、メインである焼き菓子で1000円するものは無いんです!

パティスリーのスイーツより安いうえに安全で太りにくいのは嬉しいですね。

毎日のスイーツに置き換えるにはちょっと高いかもしれませんが、材料や製法が市販のものと違うため、こればかりは仕方がないです。


最後に

いかがでしたか?

私も忘年会でウエストがきつくなってきたので、来年からダイエットに取り組みます…

平日はスイーツを我慢し、土日だけこのスイーツにしてみようと思います!

実際の味とか、その時にレポートしますので、興味がある方はまた見てくださいね♪

最後に、公式サイトにあった謎の1枚を載せておきます♡4000万円!?しかもSOLDOUTって…(笑)



Follow me!