高血圧、気になる人には

エーザイが開発した血圧ケアサプリが話題に!


 

「最近、血圧が高めになってきた」

毎年の健康診断で、血圧の数値が高く指摘された」

このような経験をしたことのある人も多いのではないでしょうか?

実は日本人は、3人に1人が高血圧というデータが有り、高年齢になる程その確率が高くなっていきます。

30代で10人に1人、40代で5人に1人、50代3人に1人、70代以上になると2人に1人!

 

 

高血圧、放っておくと命にも…

また、血圧が高い状態が続くと動脈硬化を促進したり脳卒中や心疾患といった重大な病気の原因になる可能性があります。

そのリスクは、年齢を重ねる度にその確率が高くなり、40歳代以上の方は特に気を付けなくてはいけない問題の一つです。

今までの高血圧の治療法と言えば、医師の診断の元、医薬品での治療が一般的でしたが、現在は医薬品の他にもサプリメントが大きな注目を浴びているのはご存じですか?

ただ、サプリメントと言っても実際は医薬品とは別物で、使い方も違いますし、全ての商品に効果が有るとはハッキリと言えません。

ですが、林製薬や大正製薬、エーザイなどの大手製薬会社が血圧の事を考えた商品を発売したことで、再び関心が高まってきたのです。

 

特に消費者庁許可・特定保健用食品に指定された製薬会社開発の【ヘルケア】の圧倒的な効果は、その他の血液ケアサプリの群を抜いています。

では今になってなぜ、血圧用のサプリメントが注目され、広く受け入れられるようになってきたのか?
そこには、高血圧への問題意識の高まりや医学の進歩によって分かってきた新たな発見など、注目される理由があるからなのです。

 


知らないと怖い!高血圧が原因で起きる現代病


※高血圧が引き起こす病気の例

高血圧と聞くと何となく“怖いというイメージ”だけで、具体的に理解している人は少ないのではないでしょうか?

しかし、放置しておくと最悪、命にかかわる病を発症する場合があります。

高血圧は別名サイレント・キラー(沈黙の殺し屋)と言われていて、知らず知らずのうちに健康を蝕んで行き、そのツケは突然、自分の身に降りかかってくるのです。

次に紹介する3つは代表的な例になります。

 

■脳卒中
(血圧が10mmHg上がるとリスクが約10%~15%上昇)

脳卒中とは、血管が詰まる脳梗塞や血管が破れるくも膜下出血などを総称していますが、高血圧によってそのリスクが飛躍的に高くなると言われています。また助かったとしても言語障害や運動障害が残る場合有り。

 

心疾患
 (血圧が10mmHg上がると男性の場合リスクが約15%上昇)

心疾患は、心臓に関わる病気の事を言いますが、代表的な病症は、狭心症や心筋梗塞になります。心臓を動かす筋肉への血流が不足(狭心症)や、塞がる(心筋梗塞)事で心筋が壊死する事で命にも関わってくる重大にな病気。

 

慢性腎臓病

高血圧では、塩分の取り過ぎに注意しなければいけませんが、食事で多く取り過ぎた塩分(ナトリウム)は、肝臓で処理を行い尿として排出される。しかし、高血圧になると肝臓へ負担をかけると共に処理がスムーズに出来ず、更に血圧が上がるという悪循環に陥てしまい、脳卒中や心疾患に発展する構成が高まる。

 

※厚生労働省調べ

すでに高血圧の人だけでなく、正常値だったとしても予備軍であったり、血圧は低めにコントロールする事に越したことはありません。

また、若い世代でも多くの人が高血圧であるにも関わらず、約80~90%の人は治療を行っていないのが事実。

その分、長い期間、血管に負担をかけ、傷つける事になり動脈硬化や脳卒中、心疾患を発症するリスクも高まります。

日頃、なかなか血圧計を利用する機会が少ないため、年代に関わらず高血圧を認識している人は多くありません。

早く気づけるように日頃から健康意識を高め、血圧の管理をしておく事が大切です。

ヘルケア


こんな人にヘルケアはおススメ!


■「まだあわてる時間じゃない」レベル?

サプリの利用は、血圧の値では上が130mmHgを超えた人に利用が推奨されています。

血圧の分類は正常高値血圧になり、いわゆる血圧が少し高め(高血圧予備軍130~139または85~89)の人になります。

この値は、あくまで高血圧ではなく正常値の範囲になりますので、医薬品を利用する事や病院へ行く事も考えにくく、躊躇するゾーンになりますが、ヘルケアの場合、こういう状況の時から意識した方が良いとされています。

血圧がちょっと高めで、薬も病院もクエスチョンな微妙なこのゾーンこそヘルケアの存在価値は高いと言えます。

血圧が高くなる前に健康維持に努めたいという人は多くいるハズです。

■生活習慣を変えたい

生活習慣を変えるのは簡単なようで難しいですよね。
厳しい食事制限や運動、そして、継続するとなるとかなりの努力と覚悟が必要になります。

その点ヘルケアは、毎日4粒飲むだけ。

生活習慣を変える為にもヘルケアを試してみるのもひとつの手ではないでしょうか?

ヘルケアは通常のサプリメントの梱包仕様とは違い、1回分4粒を1袋の個包装タイプなので、持ち歩きやすく、外出先でも気軽に飲めるようになっているのです。

ヘルケア
エーザイって?気になるヘルケアの効果は?


※チョコラBBのテレビCMより

「ヘルケア」を作っているエーザイと言えば、永作博美さんが出演しているチョコラBBのテレビCMでもお馴染みですが、実は医薬品会社で医薬品を主事業としているのです。

その医薬品メーカーのエーザイが開発した血圧ケアサプリヘルケアと聞くと安心できますよね!

 

※灰色の線はサーデンペプチドを含まない他社血液ケア商品を飲んだ推移

上のデータを見て分かるように臨床試験の結果、飲み始めて4週間で血圧がおだやかになる傾向が確認されているのは、グラフから読み取れます。

そして飲む事を辞めると、また血圧が直ぐに上がっていくこともがわかると思います。

この結果から、ヘルケアを飲み始めると血圧が穏やかなになると言う事が実証された事になり、これは、”ヘルケア機能性”表す事になります。

他の一般的なサプリメントは、科学的な実証が認められていない為に、血圧に変化があると言う表現さえ使えず、ユーザーへ誤認させる恐れもあり、確実性のある表現は避けられてます。
この場合のサプリメントは、サポートするに過ぎない健康食品にあたります。

ですから、同じ血圧ケアサプリメントを選ぶなら、その機能性が認められた特定保健用食品(トクホ)を取得した「ヘルケア」を選べば間違いありません。

 

■特定保健用食品(トクホ)って?

最近では、コーラやコーヒー、お茶などコンビニでも常時販売されている身近なものになったトクホ。
何となく身体に良いというイメージを持っていると思いますが、具体的に何を意味するかまで知っている人は少ないのではないでしょうか?
トクホとは、特定保健用食品の略身体の調子を整える成分(関与成分)が必ず含まれているなど、消費者庁の厳しい条件をクリアした製品だけが、保健の効果の表示をラベルなどで具体的に示す事がきるようになります。

ちなみに血圧が高めの人に対する関与成分は、カゼインドデカペプチド、かつお節オリゴペプチド、サーデンペプチド、ラクトトリペプチド、杜仲葉配糖体など。
ヘルケアの場合の関与成分は、サーデンペプチドになります。

 

 

■サーデンペプチドとは?

サーデンペプチドとは、イワシを酵素分解した後、それに含まれるタンパク質を抽出し、それを高純度のペプチドに精製したものになります。
このように抽出されたサーデンペプチドの主成分はバリルチロシンになり、元々私たちの体にもある成分で、この成分の活躍は、血圧を穏やかにする働きがあります。

ヘルケアのサーデンペプチドの場合は、1日分を新鮮なイワシを3匹使用し有効的な配合がされています。

では、イワシを毎日食べればよいのでは?と思うかもしれませんが、精製前の段階では効率良くサーデンペプチドを摂取出来ない為、効率良くその効果を実感するのであれば、やはりヘルケアなどのサプリメントを有効的に活用した方が望ましいです。

 

■サーデンペプチドで血圧が穏やかになる理由

サーデンぺプチドの主成分パリルチロシンの働きが、重要になってきます。
血圧の上がる理由としては、体内にあるアンジオテンシンⅠが変換酵素(ACE)によりアンジオテンシンⅡを作り出だし、これは血管を収縮させ、その影響で血圧が上がると言われています。
サーデンぺプチドには、アンジオテンシンⅠをアンジオテンシンⅡに変換させる酵素(ACE)の働きを阻害する効果が有る為、血圧を上げる成分の生成を抑えてくれると共にその効果は長く続きます。
これが血圧が穏やかになると言われている理由です。
また、抑えるだけではなく、血圧が正常な場合の時には、パリルチロシンは作用しない為、血圧が正常な人が摂取しても影響が無く安心して利用出来る成分でもあります。

ヘルケア


SNSや大手ネットニュースでも取り上げられて話題騒然!


 

ヘルケアの効果はもちろん、Facebookの投稿の反応や最大手のネットニュースサイトでも取り上げられた話題性も伴って入荷待ち状態が続いているようです!

それだけ世間的に高血圧への懸念や関心が高まっていると言うことですね!

 

ヘルケア


血圧を下げる「今だけのチャンス」!


 

そんな話題のヘルケアですが、何と今だけ先着1000名に限り、たった500円で手に入るんです!

少しでも血圧が気になっている方は試してみては!?

ヘルケア

血糖値、うまくコントロールして!

本当に怖い糖尿病

血糖値はたった1つの病気のチェックにしか使いません。それが「糖尿病」です。今ではHbAc1でのチェックもありますが、今でも健康診断では重要な要素です。

聞くことは多いですが、どういう病気でしょうか?
糖尿病とは、インスリンの作用が十分でないためブドウ糖が有効に使われず、血糖値が高い状態が続く症状です。この病気が怖いのは糖尿病そのものではなく、様々な合併症にあります。

どんな合併症があるか、まとめました。
動脈硬化
 脳卒中
 心筋梗塞
細小血管障害
 網膜症
 腎症
 神経障害

動脈硬化

動脈硬化は糖尿病があると進行しやすくなり、合併症による深刻な状況を引き起こす原因になります。脳卒中や、心筋梗塞、足の壊疽など極めて重篤な病気を引き起こします。

脳卒中

「脳卒中」にはいくつかの種類がありますが、大きくは脳の血管がつまる「脳梗塞」と、脳の血管が破れて出血する「脳出血」に分けられます。特に糖尿病患者さんに多いのは脳梗塞のほうです。手足の麻痺や言葉が急に出なくなる、ものが二重に見えるなどの症状がみられ、重症の場合は生命に関わります。また、血管が完全に詰まっていなくても血流が悪くなり、頭が重い、物忘れがひどい、怒りっぽいなどの症状があらわれますので、これらの症状がある場合は、ただちに医師の診察を受けましょう。
また脳卒中は命にかかわるだけでなく、手足の麻痺や言語障害などの後遺症が残ることもあり、患者さんはもちろん、ご家族の生活にも影響を及ぼします。

自覚症状

  • 口の動きの異変・ろれつが回らなくなる/言葉が出なくなる
  • 口をうまく閉められなくなる/顔に歪みが出る
  • 片方の手足に力が入らない・痺れが起こる
  • 片方の目に膜がかかったように見えなくなる
  • 視野が狭くなったり、目の焦点が合わなくなる/物が二重・三重になって見える
  • 人の言うことがうまく理解できない
  • 思ったように文字が書けない

これらの症状が出たら速やかにお医者さんに診てもらいましょう。脳梗塞は時間との勝負です!

また、以下のような症状が日常的に出る場合もチェックしてもらうことをオススメします!

  • 頭痛や肩こりが、突然発生する
  • 物忘れが多くなった
  • 飲み物や食べ物が飲み込みにくい
  • 痰がからんだり、むせる
  • 声がうまく出にくい
  • めまいや耳鳴り、手足のしびれ、震えなどの症状が起こりやすい
  • 真っ直ぐ歩けない、障害物がないのに躓く
  • 階段などで片方の足がよく引っかかる
  • 指先が痺れたり思うように動かない
  • 字が汚くなった
  • 簡単な計算が咄嗟にできないことが増えた
予防方法

運動や食生活の見直しなど日々の生活習慣を見直し、水分補給をしっかりしましょう。
ちなみにお酒は水分に入りません、念のため。


心筋梗塞

心臓麻痺・心臓発作も言います。動脈硬化や血管内の脂肪などの固まりが破れて血栓ができ、冠動脈が完全に詰まって心筋に血液が行かなくなった状態です。なお、心筋に血液が行かないものの壊死にまで至らない前段階を「狭心症」といいます。強い胸部の痛みなどが15分以上持続します。なお、血流が回復しないと数時間以上続きます。顔が蒼ざめ、冷や汗、除脈、血圧の低下、脈拍の上昇などを伴い、意識不明に陥ることもあります。

自覚症状

  • 胸の痛み(広範囲にわたり押されるような痛み)
  • 呼吸困難
  • 吐き気・嘔吐
  • 左手小指の痛み
  • 肩や背中の痛み
  • 冷や汗

当然ですが、これらの症状が出たら速やかにお医者さんに診てもらいましょう。

予防方法

食事・食生活の改善・バランスのとれた食事、そして今は抗酸化食品に注目が集まっています。
活性酸素が血管を傷つけているという調査結果もありますから当然ですね!
また、食物繊維が脳卒中や心筋梗塞のリスクを減らすという調査もあります。
45歳以上の男女約8万7千人を約10年間、追跡調査を行い、食物繊維の摂取が多いグループは、そうでないグループに比べて脳卒中や心筋梗塞などの循環器病の発症リスクが低かったそうです(なお水溶性の食物繊維よりも不溶性食物繊維のほうが脳卒中のリスクを下げる効果が高かったそうです)。
また、青魚に含まれるEPAやオメガ3脂肪酸が中性脂肪の上昇を抑えたり血管を強化するという調査もあります。
あ、アニサキスには注意してくださいね。


細小血管障害

毛細血管の病変から始まる病態で、糖尿病に特徴的な合併症です。主な症例は網膜症、腎症、神経障害で、この三者を糖尿病性三大合併症といいます。

網膜症

網膜の血管が傷み、目のかすみや視力低下、症状が進むと失明してしまうこともあります。

腎症

糖尿病により腎臓の働きが悪くなると、血圧の上昇、尿中にたん白が混じる、体がむくむなどの症状があらわれます。更に症状が進むと、腎不全や尿毒症など生命にかかわる重篤な症状を引き起こします。
これにより腎不全になってしまうと、人工透析を受ける必要が出てきます。透析導入の原因の第1位はこの腎症です。

神経障害

神経が障害され、信号がすばやく体のすみずみまで伝達するという働きが低下します。これに伴い、足の感覚が麻痺して、傷があったとしても気づかずに放置してしまい、足が壊疽することもあります。

いかがでしょうか?放っておくと大変なことになります。しかも厚生労働省が3年ごとに実施している「患者調査」の平成26年調査によると、糖尿病の総患者数(継続的な治療を受けていると推測される患者数)は、 316万6,000人で、前回の調査よりも46万人以上増加しました。また男性の15.5%、女性の9.8%が糖尿病の疑いがあると言われています。
世界でも有病率は9%であり3億4,700万人と言われています(世界保健機関(WHO)は、成人の糖尿病有病者数が2014年までに4億2,200万人に達したと公表しています)。